インド旅行の持ち物リスト!これがあると便利!

   
スポンサーリンク 
 

インド 中国南方航空

インドへ旅行・・・旅行の持ち物は
悩みますよね。持ち物リストを
作ってみるとよいかも。

旅行へ行かれた方の意見を参考に
持ち物を調べてみました。

『インドだから』
持っていくと便利、あれば重宝する
という持ち物を中心にリストにして
みました。

インド旅行の持ち物は?
旅行の持ち物をリストにしては?

初めての方は持ち物リストを
作ってみてはどうでしょう。

アジアへ旅行された方なら
持ち物リストはできていらっしゃる
と思いますが・・・
それにもう少し加えたほうが
安心かもしれませんね。

現地調達できますが買い物
場所がわからないとかクオリティが
悪かったり備え付けがないという
こともありますね。

インド旅行の時間を
無駄なく過ごすために・・ 

持ち物リストで何から手をつけて
いいか悩んでいる方はネットで
こんな方法があったので参考に
していただけたらと思います。

バッグを
基準に持ち物リストを作成してみる

①一番重要なものを入れる袋
②街を歩くときに持つカバン
③大きいスーツケースやバックパック

万が一
盗難にあってもこれさえあれば・・・

万が一盗難にあってもこれさえ
あればというものを持ち物リストに
してはどうでしょう。

インド旅行で身に着けて持って
おきたい、一番大事な持ち物は・・

①一番重要なもの
持ち物リスト


パスポート 
インドはVISAが必要です。

インドビザ オンライン申請画面

インドビザ オンライン申請画面

パスポートの残存は6か月以上。

VISAは旅行会社で代行もして
くれますが自分で東京か大阪にある
インド大使館でVISAを取得する
こともできます。

インド旅行のビザは?代理店があった! 

海外旅行保険 
証書と病院や保険会社の連絡先
いざというときには必要です。
インド旅行。恐ろしい病気とは?予防接種はいくら?

クレジットカード 
空港やデパート、インドの街中の
ショップでは使えます。使えない
ところのほうが多いと思ったほう
がいいかも。

スマートフォン 
Wifiがあればいろいろ検索できます。
翻訳アプリがあればコミュニケー
ションもとりやすいです。

インド旅行、街を歩くときには
両手が自由な
バッグに入れておきたい物は・・・

街を歩くときは両手があくように
バッグは斜め掛けのバッグか
リュックサックがお勧めです。

インドは想像以上に道が悪く
足元に気を取られがちです。
歩きやすい靴かソールの柔らかい
サンダルがいいですね。

②街を歩くときに持つ
持ち物リスト


現金  
日本円を現地で両替。
1万円札だけでなく千円札を
持っていくとよいでしょう。

銀行キャッシュカード 
インドの銀行のATMでキャッ
シングできます。現金が足りなく
なったときなど日本の銀行口座に
入金しておけばルピーで出すこと
ができます。

キャッシュカードの裏にこのマーク
があるものが使えます。
Cirrus (シーラス)
MasterCard International系
PLUS(プラス) 
VISA International系

財布・マネークリップ 
インドルピー札、小銭を
分けて持つほうがよいでしょう。
持っていった日本円も一緒の
財布に入れずに分けておいたほうが
いいですね。

札は買い物したときに使いますが
小銭はオートリキシャや水、
切符を買うときにすぐ出せる
ようにしておきましょう。

手元のお金は目につきやすいので
万が一のことを考えてお金は
分けて持っておいたほうがいい
ようですね。マネークリップは
かさばらずおすすめです。

インドのガイドブック 
スマホとWifiがあればいいと思う
かもしれませんがWifiが安定して
いなかったりします。
道案内の標識などないところも
多いのでガイドブックは必須です。

メモ ペン 付箋紙 
連絡先や列車の時刻、ちょっとした
感想をメモしておくとあとで
まとめるときに便利です。

水ペットボトル 
夏の暑さは厳しいです。
喉はカラカラになりますね。
インドでは1Lのペットボトルが
定番。多いなと思いますが
一気に飲んでしまいます。

バッグにいれると重いです。
道に露店があってすぐ手に
入ります。

インド 水

 インド旅行!水は危ない?対策は?

タオル  
汗が流れます。タオルもびっしょり
になります。けれどすぐ乾きます。
おすすめは現地のストール。
日焼け対策に首に巻けます。

スポンサーリンク

インド ストール

トイレットペーパー 
トイレットペーパーは芯を抜いて
ビニール袋にいれておくとかさ
ばらず広がりません。トイレには
ペーパーがないところが多く、
テーブルや椅子が汚れている
ときにも重宝します。

ウエット・ティッシュ 
手が汚れたときに便利。

女子デリケートゾーン用
ウェットティッシュ 

ウォッシュレットがないのでこれを
使うとスッキリ。

日焼け止め 
汗で流れるのでいつも塗り直し。
消費量は多くなります。多めに
持っていきましょう。

薬用リップクリーム 
日に焼けるので唇がカサカサに
なります。

サングラス 
日差しがきついのであるほうが
よいでしょう。

カメラ 
美しい景色や色鮮やかなインドの
民族衣装サリーを見ると思わず
撮りたくなります。

予備のSDカード 
動画を撮ったりすると以外に
メモリを消費します。

カメラ・スマホバッテリー 
撮りすぎるとバッテリーの減りが
早いです。Wifi機器のバッテリーも
予想以上に減りが速いです。

傘 カッパ 
インドの雨季に助かります。

飴 
のど飴がわりに、疲労回復に。
インドの子どもたちのとの挨拶に
物乞いの子どもたちに。
個別包装になったものを用意。
子供たちの写真を撮りたいときには
飴をプレゼントすると喜んでくれ
ますよ。

エコバッグ 
インドのビニール袋は弱くてすぐに
破れます。

ビニール袋 
お菓子やフルーツを買ったとき、
濡れたものがあるときに重宝です。

長いストール 
インドの人は帽子を着ていません。
長いストールを頭から巻いていま
す。インドになじむならぜひ現地で
調達してくださいね。


帰りの荷物は想像以上に
多くなることを考えて
大きなバッグに入れておきたい物は・・・

③大きいスーツケースや
バックパック持ち物リストは・・・

着替え 
インドはすぐ乾燥するので下着は
洗って着ることができます。ただ
遊びすぎで疲れて洗濯できない・・?

Tシャツは最低枚数にして現地で服を
買ったほうが気分もいいし、涼しい
です。服装は露出を控えめに。

薄いバスタオル 
高級ホテルならよいですがゲスト
ハウスのようなところだとタオルが
ないところがあります。かさばらな
いものを用意。

化粧品 
化粧水は多めに。乾燥しているので
想定より多く使います。
現地ではアーユルベーダのコスメ
ショップがたくさんあるので
お試しで買って使うとよい
でしょう。

サンダル  
街を歩くとき、部屋ばき、飛行機の
中などに重宝。

シャンプー リンス 石鹸 
ホテルに備え付けがないことが多い
ですね。あっても質が悪いので
髪の毛がキシキシします。
現地でもパンテーンとかP&Gの
小袋も売っていますが日本から
使い慣れたものを持っていく
ことをお勧めします。

歯磨き ヘアブラシ 
備え付けがありませんね。ぜひ
持っていってください。

女子生理用品 
万が一に備えて。現地調達も
できますがスリムなものが
ないので。質も日本製が
よいですね。

長袖カーディガン厚手 
列車やバスはエアコンが冷蔵庫
みたいに効いています。特に
夜行列車に乗るときはありっ
たけのものを着込んでもちょうど
よいくらい。必須です。

ジプロック ビニール袋 
着替えや汚れたもの、小物類、
アクセサリーなど片づけるのに
便利。

コンセント変換プラグ 
スマホ・カメラを充電する際
には必須。

インドのコンセントは
B/B3/BF/C

マルチプラグもありますが100円
ショップで個別のプラグが売って
います。

薬  
頭痛薬 胃薬 便秘薬 整腸剤、
葛根湯(風邪薬)ビタミン剤
など飲み慣れたものを。
目薬はホコリが多いのであると
助かりますね。

日本食 
体調を崩したときにレトルトの
日本食があると重宝です。
小袋にはいったお味噌汁
コンソメスープ、お茶漬け
お土産としても使えますね。

日本製 土産 
インドの人と仲良くなると「日本製
のものが欲しい」といいます。
プレゼントできるものでボールペン
 飴 お菓子、レトルト食品
(味噌汁)緑茶、ボールペンなどが
喜ばれるようです。
100円ショップで買っていくのも
よいでしょう。

マスク 
飛行機の中の乾燥対策のほか、
ホテルや列車の中も重宝します。
乾燥とホコリ対策です。

虫よけ 
蚊に刺されないように。
スプレータイプや足首手首に
はめておくものがありあます。

携帯用バッグ 
インドではキルト製品や刺繍
した服、陶器などかさばるけれど
素敵なものがたくさんあります。
いざというときに詰め込める
サブバッグがあるといいですね。

インド旅行の服装は?雨季や乾季にはご注意を!

まとめ

持ち物はカバンを分けて、
持ち物リストをつくってみると
便利です。

旅行に旅慣れた人もインドでは
予想外なものが必要になること
があるようです。いざという
ときは現地で調達することも
可能です。

けれど売店を見つけるのに時間が
かかってしまうこともあります。

インド旅行が初めての方であれば
持っていったほうが旅行の時間を
無駄にすることもありませんね。

インドは歩くことが多いです。
道路が整備されていないので
足元が安定する靴やサンダルで。
両手は空けることができる
バッグが街歩きを楽しめます。

珍しい雑貨が安価で手に入ると
つい買い物をしすぎてしまい
ますよ。

そんなときのためにバッグの
大きさは余裕をもっていくことを
お勧めします。

インド旅行を
楽しんできてくださいね。 

インド旅行情報【準備】まとめ

インド旅行情報【初めてのインド旅行】まとめ

インド【旅行情報】まとめ

   
スポンサーリンク 
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ