インド旅行のビザは?代理店があった!

   
スポンサーリンク 
 

インド デリー 空港 (2)

インド旅行には短期間でも
ビザが必要です。

ビザってなに?
なぜビザが必要なの?
ビザの取得方法は?
代理店はあるの?
ビザの取得費用は?
ビザ取得に日数は
どれくらいかかるの?

といったことを調べてみました。

インド旅行のビザって?

インドへ観光旅行する際には
観光ビザの取得が必要です。

ビザとは渡航先の
『入国許可証』
です。
パスポートを保有する旅行者が
その国に入国する資格があることを
裏付ける書類のことをいいます。
なんだか難しいですね・・・

ちなみにパスポートは世界で通用
する『身分証明書』です。
海外で自分が何者であるか(国籍、
氏名、年齢など)を具体的に
証明できるほぼ唯一の手段と
ということになりますね。

外務省HPにもわかりやすい解説が
ありました。
外務省HPはこちら
日本のパスポートだけで渡航
できる国は170カ国あるらしい
ですよ。

世界最強パスポート日本は第○位?
気になる方はこちら

なぜビザが必要なのでしょうか?

簡単に言うとビザは入国許可証、
パスポートは身分証明書ですね。

日本の場合、多くの国と許可証
なしでの入国ができる協定を結んで
います。だからビザなし
(許可証なし)で入国できるのです。

そんな協定を結ぶことができた
のも日本が経済成長と安定した
情勢であることが世界で認めら
れているからではないでしょうか。
ビザが必要ということは協定を
結んでいない国ということ。

そしてその国の情勢が不安定、
例えば戦争や雇用の問題などの
理由があると考えられますね。

インド以外に
アジア圏では以下の国もビザが
必要なようですよ。
カンボジア/ミャンマー/
インドネシア/東ティモール/
バングラデシュ/ネパール/
アルメニア/トルクメニスタン/
ウズベキスタン/カザフスタン/
スリランカ

ビザの申請方法は?

ビザ取得代行業者に依頼する方法と
インドビザ申請センターにご自身で
手続きする
方法があります。

インドビザ

ビザ取得代行業者って?

インド観光ビザの申請、受取を
代行業者に頼むことができますね。
旅行代理店やインターネット上で
検索すると業者が出てきます。

費用は代行手数料として
5000~1万円くらい。
取得費用は別にかかります。
ビザ取得にかかる日数は約1か月
程度をみておくとよいと思います。

ビザ取得代行業者に依頼すると
楽で安心ですが、その分手数料が
高くなりますね。

ご参考 インドビザ代行会社HP
http://visa-india.jp/
http://www.donguri-tour.co.jp/visa/cat9/
http://www.gmobile.biz/smart-visa/india/
http://www.his-j.com/branch/visacenter/
http://www.gmobile.biz/smart-visa/india/

スポンサーリンク

ビザを
自分で申請する方法って?

ビザ取得は書類記入や窓口へ行く
(もしくは郵送申請する)という
時間があればそれほど難しくない
のでご自身で申請してみてはいかが
でしょう。費用は安くすみますよ。

不備があるとやり取りするのに
時間がかかってしまうので
書類記入と必要なものは
確認して揃えてくださいね。

観光ビザ申請に何が必要? 
申請方法は突然変更されること
があります。インド大使館インド
ビザ申請センターのHPでご確認
いただくことをお勧めします。

ビザ申請必要書類はこちら

パスポート
残存期間6か月以上
証明写真
写真の規定はこちら⇒

ビザ申請書
インドビザ申請センターHPで
オンラインで申請書類を入力作成。
申請書はこちら ⇒
ビザ申請料金
2156円 その他

インドビザ申請センター 
窓口で手続き

東京と大阪に窓口があります。
①インドビザ申請センター
HPからオンラインで申請書類を
入力。
②申請書類を印刷。
③印刷した書類に写真を張り付け。
④書類にサインをしてパスポートを
添えてインドビザ申請センターへ
提出。
⑤ウェブ上でビザ申請状況を確認し
『Visa PROCESSED』の文字が出
たら窓口へパスポートとビザを
受け取りにいく。(約7日間程度)

ンド大使館の
インドビザ申請センター
申請行程はこちら⇒

インドビザ申請センター 
郵送で手続き

住居地域によって送付先が
東京か大阪か管轄が分かれます。

管轄区確認はこちら⇒

①インドビザ申請センター
HPからオンラインで申請書類を
入力。
②申請書類を印刷。
③印刷した書類に写真を張り付け。
④書類にサインをしてパスポートを
添えてインドビザ申請センターへ
郵送。
⑤郵送方法・・・現金書留。
ビザ申請書類一式、ビザ申請料金、
パスポート、返信用封筒(ビザ
返送時自身の住所・氏名を書いて
長型3号に切手を貼ったもの)

インドビザ郵送サービスの
流れはこちら⇒

申請書入力時、ページ上にある
IDは控えておきましょう!

Temporary Application ID
(仮の申請番号)に続く15桁の
英数字
が申請書の上に出て
きます。番号を控えておけば
一時保存ができます。途中からの
入力や、申請書を再度印刷する
ことができます。

アライバルビザ
インドの主要国際空港で、到着時に
観光ビザを取得する方法。
証明写真、復路の航空券が必要。
宿泊ホテルなどの予約確認書類など
提示が求められることもあるよう
です。申請費用は日本より割高。

しかしながら・・・
アライバルビザの変更があるらしく
2014年12月27日で窓口が閉鎖。
どうやら今後も変更になるらしい
ということです。

ご参考 インドビザ(アライバルビザ)
取得 新しい方法 ⇒http://etours.jp/india/visa-service/viza_arvl

ご自身でインド観光ビザ申請
されることをお勧めします!
なぜなら・・・

インド旅行を楽しみたい方、
時間に余裕がある方はビザ申請を
ぜひご自身で申請してみては
いかがでしょう。

申請書の質問が見慣れない珍しい
ものが多いのです。ひとつひとつ
答えていると国の違いを感じる
ことができます。

宗教、職業、渡航歴や両親の
出生地、パキスタン国籍の
有無など日本では考えつかない
質問も出てきますよ。

まとめ

インド旅行は短期間であっても
ビザが必要です。

ビザ取得方法は
代行業者に依頼する方法
楽で安心です。代行費用が必要。
ご自身で申請する方法
インドビザ申請センターでの
手続きに時間は少しかかりますが
費用は安く済みます。

いずれも取得までの期間は
約1か月
みておいたほうが
よいでしょう。

ご自身でオンラインビザ申請される
場合は、入力時のページ上に
Temporary Application ID
(仮の申請番号)に続く15桁の
英数字
を控えることをお忘れなく。

一時保存後、入力再開時必要です。

申請方法は変更されることが
多いです。インド大使館のインド
ビザ申請センターのHPで確認を!
必要書類に不備がないよう十分気を
付けてくださいね。ビザ申請は
時間に余裕をもって手続きをお忘れなく。

インド旅行を楽しんできて
ください。良い旅になります
ように。

インド旅行情報【準備】まとめ

インド旅行情報【初めてのインド旅行】

インド【旅行情報】まとめ

   
スポンサーリンク 
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ