インド旅行記2015。女一人で5日間!第6日目があった?

   
スポンサーリンク 
 

2015年1月、私の5日間の
インド旅行記の始まりだ
今回ブログを書いてみることに
する

巷ではインド旅行というと
危険なのでは?というような
意見を耳にもするが今回5日間の
日程をインド旅行記として
記すことにする。

それでは、斯うご期待だ!
インド旅行記2015!
女一人の6日目は?

5日間旅行でどうして6日目??

インド旅行記6日目。深夜便の中国南方航空で

名残惜しく、デリーを出発。
この数日、濃霧もなくフライトは
遅延の報告もないようでホッと安心。

しばらくインドに来ることも
ないのかな・・・しんみりと
ハイヤーからデリーの風景を
眺めてみる。。

ううううう、
また来るね!!!!

ドライバーさんにちょっと
チップをはずんでみました。

中国南方航空のチェックイン
カウウンターで手続き。

「明日、また来てください」

「えっ?」

大陸からの飛行機が来て
いません・・

なんと恐れていたことが
起こってしまった(汗

突然目の前にきちんとした
身なりのガタイのいい男性が、
入り口から外に出るように
言われ、荷物をさっと
取り上げて出口まで、いえ
入口まで連れていかれました。

そこで放置。

なっなにするの!!

ガードマンには
取り調べのような扱いww

入口の警備員には搭乗予約を
確認され、搭乗者名簿と
突き合わせにされ、

やっと許可が下りて
入口から外に出た・・・けど
そこからどうしたらいいんだ?

またも、いきなり
なんの説明もなくバスに
乗れといわれ荷物を
持っていかれてしまう。

ちょ、ちょっと待って!!
どこへ連れて行くのか?

気持ちを強く、荷物を取り返し
強い語気で叫んだ・・・

ここでやっとわかりました。

南方航空 深圳行きの搭乗者は
早朝までの宿泊ホテルを
用意されていて連れて
いかれるようだということ・・

バスの中で待つこと2時間近く。

じっと待つしかない。

だって、降りている間に
バスが出てしまうかも
しれないし・・・ 

頼みの綱はWi-Fi。
しかし、バッテリーがないっ(汗

結局市内まで戻って
ヒルトンホテルに
連れていかれたのです。
ちょっとラッキーな気分。

スポンサーリンク

インド旅行記 女一人 (2)

まあそこでの扱いが・・・

フロントは待たされるし。

多分、ホテルも
余計な仕事が来たって
感じなんでしょうね。

性別ごとに分けられて
見ず知らずの人とルームシェア。

ダブルベッドを2人で
ということらしく、
(やだよね~)

クレームをつけている
若者もいたけれど。。

私にはクレームを言えるような
語学力もなく、
あるのはsome money

もうくたくたですから。
寝るときくらいゆっくり
休みたい。

なんでこんなことになるの?!

お金で解決する方法を
とりました。

シングルユースを希望の場合は
1750ルピーを払えとのこと。

インド旅行記 女一人 (5)

明日の出発は何時なのかと
2回フロントに尋ねにいったけど
わからない、わからない。

いつ鳴るかわからない
モーニングコールを待つように
とだけ。
思い切り寝ることもできない
このストレス。

さすがに
インドらしさに腹が立ってきました。

部屋はヒルトンだからそれなりに。

冷蔵庫の中の飲み物ぐらい
飲んでもいいよね~
あ、開かない。冷蔵庫ロック!

インド旅行記 女一人 (3)

お酒でストレスを紛らわすことも
できないです・・・(泣)

インド旅行記6日目。やっとデリー出発

昨夜寝たのは1時ごろ
そしてモーニングコールで
起こされたのは6時。

興奮してるし、徹夜した朝みたい。

お腹も空いたので空港で食事。
残っていたお金でパンを
食べたら結構なボリューム。

飛行機に乗ったら
すぐ朝食がでてきたぁ、

さっきのパン食べなきゃ
よかった。。
もう、なんだかね。

インド旅行記 女一人 (4)

窓から見える空はこんなに
きれい。
大陸からの飛行機が遅れたって
信じられないですよ。

だから中国なのか?

深圳に到着。
乗り継いで日本へ帰ります♪

空港で乗り継ぎ待ち。

えっ?
飛行機ない???

新年早々、
仕事を休むことになるの?

休むのはいいけど、
「休みいただきます」と
上司に連絡するのが憂鬱だ~

国際電話かけるしかない。
つながらない上司には
ショートメールで。

インド旅行記6日目。まさかの空港で・・・

深圳で乗り継ぎできるのかと
思ったら、飛行機は明日だという。

珍しい光景みました。

飛行機が飛ばないっていうか
来てないことに
怒鳴り散らしているインド人と
対抗するかのように大声の
中国南方航空の社員中国人。

インド人と中国人
どちらも自己主張が強いんだね~。
誰が仲裁にはいるでもなく、
いつもの光景って感じで
っていうか、
日本人がおとなしすぎるんだ。

遅延証明書を貰ってみました。

海外保険で遅延したとき
保証
がついてるのもある
らしいです。

そのとき役立つ遅延証明。

飛行機が遅れたときは
念のため貰っておきましょう。

遅延証明はこれ。

↓↓

インド旅行記 女一人 (6)

こんなときメジャーな
航空会社にすればよかったと後悔。

インドでの応対が非常に
いい加減だったし。

空港でごろ寝するしかないのか。
着替えも洗顔も持ってない状態で
サバイバルするのか・・

飛行機代が安いからと、
中国南方を選んでしまった
ことを後悔。

日本行きに乗り継ぎする
乗客の腕に75番と書いた
シールが貼られ、

なんで貼ったのかも
わからないけど「仕訳」ですか

貼り方もいい加減ww

深圳で75番のシールを
貼った人は集められて空港の外へ。

まさかの初、中国本土上陸w

宿泊ホテルが用意されていた!
ホテルへ護送(笑)

ちっちゃいバスで2往復。
後半のお迎え組は1時間待ち、はあ。

今回のホテルは・・・中国的な。
夜の12時到着でも
食事の用意もあって一人部屋。

出発時間も教えてくれて
朝は温かさの残る朝食も用意。
中国本土の航空会社
中国南方航空、見直しました。

本土では強いね~
貧乏旅行のバックパッカーには
たまらない贅沢感。

ってか、私バックパッカーでは
ないのですが。。。

インド旅行記 女一人 (10)

朝ごはんのお弁当。
あんまんは美味しかったけど、
疲れた朝の口の中の水分を
持っていかれてつらかったw

私ひとりぼっちかと
思ったら意外とインドへ
一人旅している若者が
多くて仲良くおしゃべり。

どうみても私が年長さんで。

そんなことは誰も気にしている
様子もなく、年上への
気遣いもなく。

日本の会社にいたならば
気遣いのできないヤツ、
空気の読めないヤツ。

ですね。
私には新鮮で、嬉しかったりして。

インドへ一人旅する人たちは
少しヘンと言われる意味が
分かったような気がしました。

このなんとも言えない感覚を
満足している私も
ヘンなやつなんでしょうねw

やっと帰れる。機内で
ビール飲みましたw

おかわりして2本。
やれやれ、帰国の途に。

インド旅行記 女一人 (11)

インド旅行記5日目。まとめ

デリーで飛行機が遅れて1泊。

深圳でも乗り継ぎが
上手くできず、深圳でもう1泊。

新年早々に仕事をお休み。

上司に飛行機が遅れたので
もう一日お休みすることを連絡。

年始早々、印象が悪いwwww

後でわかったことだけれど
もう一日休みいただきますと電話。

短い電話だったのに
電話代が5000円
くらいかかっていたことはびっくり。
Wi-Fiに慣れていると
海外電話は高かった。

飛行機が遅れたときには
航空券の安さに惹かれて
中国南方航空にしたことを
後悔。

けれど中国本土では
対応が良かった中国南方航空。

これがJALやANAだったら
どうだったのかと気になるところ。

中国系航空はよく遅れると
聞いていたが、まさかの空港2泊。

インド旅行最後で
やってきたハプニング。

このとき、仲良くなった
女の子とは東京で
インドイベントで再会。

英語堪能だった彼女に助けられ、
彼女は私がWi-Fiを持って
いたことに感謝してくれて。

飛行機が遅れて気持ちが
落ち込んだけど
こんな経験はめったにないんじゃ
ないかと、思い出になった今は
嬉しさも。

ハプニングを楽しむこと。
学習できたインド旅行でした。

インド旅行記2015。女一人で5日間!第5日目

インド旅行記2015。女一人で5日間!総括

インド旅行情報【インド旅行!体験記】

   
スポンサーリンク 
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ