インド旅行記2015。女一人で5日間!第5日目旅が終わる・・

   
スポンサーリンク 
 


2015年1月、私の5日間の
インド旅行記の始まりだ
今回ブログを書いてみることに
する

巷ではインド旅行というと
危険なのでは?というような
意見を耳にもするが今回5日間の
日程をインド旅行記として
記すことにする。

それでは、斯うご期待だ!
インド旅行記2015!女一人の5日目は?


インド旅行記5日目。将来有望な物乞いに出会ったw

朝一で、リベンジした
アノーキミュージアムを
リベンジしたあとは、
お決まりの観光コース、
世界遺産アンベール城。

アンベール城の向かい側にある
水の宮殿。

ものすごく衝撃!
バイタリティな物乞いに
出会ったんです。

物乞いって・・・
10ルピー欲しい。
チャイが飲みたい。
子どものミルク代がない。

といいながら後ろをついて
歩いてくるのが定番
(と私は思ってました)

いや、ガイドブックにも書いてます。
インド旅行のブログを読んでも
物乞いには気を付けるようにと
書いてることが多いです。

それが・・・

私のマジックを見て欲しい!!

そういってボロボロの
麻袋を取り出して
コインマジックを始める
物乞いの女の子。

1ルピーが2ルピーに
2ルピーが3ルピーに

リズミカルに口ずさんで

コインマジックを
披露するパワーに圧倒されました。

スゴイ!

人を楽しませてお金を稼ぐ。
これは立派な仕事。
物乞いではないですね。

こんなに幼い子供でも
マジックを見せてチップをもらう。

ついつい、チップを
弾んでしまったww
いや、楽しかった。

知識・技術を身につける
というのは、これだということを
インドの物乞いの女の子に
教えられてたインド5日目。

スポンサーリンク


インド旅行記5日目、高速道路でみたものは・・!

噂は本当だった。

高速道路は料金所を通って
3車線4車線の道路を100キロくらいの
スピードを出して走ります。

これは日本も同じですが・・・

高速道路で驚いたことは

牛がのんびり高速道路を
横切り始めたり、 
逆送車が次から次へと
走っていたり。

おちおち寝てもいられません。

インド旅行記 女一人

隣は車が見えないくらい
荷物を積んだ車や、
自爆事故を起こしているトラック。

インド旅行記 女一人


いやぁ、車に乗っている間は
興奮状態。
慣れろっていうほうがムリです。

Wi-FiとiPhoneがあったので
Googlemapで今どのあたりか
チェックしてみました。

地名は全く読めないけど
デリーは英語書いてあるから
わかります。

デリーまであと2時間・・・
ドライバーさんにそう言っても
信じてもらえず、

ここからは交通渋滞があるから
2時間じゃ無理だといいます。

Googlemapは使える!
ぜひ海外へ行ったら
地図をチェックしてください。

面白い!車に乗ってるときは
特に面白いからオススメ。

交通渋滞の赤い色で
点滅していますよね。

ドライバーさんに
この渋滞は1㎞だから
すぐに解消するよっていうと
その通りの結果に。

ドライバーさんが喜んで、
この渋滞はどうだ?
次の渋滞はどうだ?
とやたら聞いてくる。
バッテリーはどんどん
減っていくけど

安心してください。
シガレットプラグからの
充電を用意してありますww

そんなこんなで、
長いドライブと覚悟して
たけれどアッというまに
デリーに到着。

私のインド旅行記。女一人も
もうすぐ終わり・・・

インド旅行記5日目。あの女、やってしまっていた!

私は深夜便の飛行機で
深圳経由で日本に戻ります。

で、あの不思議ちゃんの話です。

デリーのツアーデスクで
空港までの送迎手続きを
してもらっているときのこと。

ツアーデスクの日本人女性が
声を荒げて電話でしゃべって
います。

・・だからジャイサルメールの
ホテル予約していましたよね。
そこで次に乗る列車の手配も
チケットも用意してあしたよね。

偽物?そんなことないですよ。

えっ?
ホテルに泊まってないんですか?
じゃ、列車に乗ってないんですか?

騙してる?
そんなことないですよ。

・・・・わかりますよね。
電話の向こうは
あの不思議ちゃんです。

ツアーデスクの女性に話を
聞いたことをまとめると・・

不思議ちゃんは私を別れたあと
ジャイサルメールに行きました。

ホテルも列車の手配もツアー
デスクで手続き済・・のはず。

不思議ちゃんは
ジャイサルメールで
声をかけられたインド人に
騙された。

「そのホテルは高い。騙されて
いる。もっと安いホテルを紹介
する。列車の切符は偽物だ」と
いわれてインド人に付いて行った
らしい。

ガイドブックにも、インド旅行
経験者は声かけてくるインド人に
注意しなさいよってあれほど
喚起してくれているのに。

まさか、目の前で遭遇するとは
思いもしませんでした。

結局、声をかけてきた
インド人に安い宿を紹介され
ボッタクられ、
列車の手配をしてやると
言われたけれど、
列車には乗れず・・・
お金だけ持っていかれた始末。

典型的、カモ日本人。

本人はインド人に騙されている
ことに気付かず、
ツアーデスクに文句を
言ってくるという
ありさま。

ツアーデスクの女性は

「この人、アグラでも
列車に乗れずに困ったらしいの。
霧が深くて列車は遅れてるし。
ホテルは満室だったから
声かけられた日本人に
泊めてもらったらしいのよ。」

それ私のことです。えっ??

見ず知らずの列車に
乗りそびれた女子と
一緒に泊まったのは私。

仲良くなったツアーデスクの
女性から半年後に届いたメールに

あの不思議な子、また夏にインドに
来たよ~
という一文が・・・(笑)

こんな日本人がきっとだまされ
続けるんだろ~な~

インド旅行記。5日目いよいよ最後

とはならなかった・・・

まとめ

ジャイプル、アンベール城
水の宮殿でものすごく
バタリテイのある
物乞いに出会う。

知識・技術を身につける
というのは、これだということを
インドの物乞いの女の子に
教えられた。

インドの高速道路は
噂に聞いていたが

本当に牛が横切っていた。
逆走車が次から次に走っていた。

自爆事故車、多数目撃。

デリーに戻ったら
あの不思議ちゃんが
インド人に騙されて
ツアーデスクが大騒ぎになっていた。

これでデリーから日本に
帰る予定・・・だったが
そうはいかなかった。

インド旅行記2015。女一人で5日間!第4日目

インド旅行記2015。女一人で5日間!第6日目

インド旅行情報【インド旅行!体験記】

   
スポンサーリンク 
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ