インドの民族衣装。特徴はこれだ!

   
スポンサーリンク 
 

インドの民族衣装。
サリー以外にもいろいろ
あるんですよね。

民族衣装を調べていくうちに
どんどんハマってしまいました。

そこで民族衣装の特徴について
調べてみることにしました。

男女で違う!民族衣装の名前はこれ!

インド 民族衣装 男性

まず、男性の民族衣装は、
・クルター・パジャマ
・ドーティー
・ターバン
とおおよそ、3つぐらいです。

女性の民族衣装は
・サリー
・チョリ
・ガーグラ
・レヘンガ
・サルワール・カミーズ

男性の民族衣装!名前の由来があった?

インドで一番有名なのが
上下お揃いの民族衣装。

その名も
『クルタ・パジャマ』
クルタは上着のこと。
パジャマはズボンのこと。

パジャマって、寝るときに着る
あのパジャマ?

ゆったり着心地のよい民族衣装
『パジャマ』は日本で寝るとき
に着るパジャマの語源だったの
です!

プチ情報でした(笑)

ターバンってインド人はみんな・・・?

インド人ならみな巻いている?
と思ってたけど実は違います!

スポンサーリンク

インド 象


ターバンって、シーク教の男性が
巻く民族衣装のひとつらしい・・・
インド人はみんな巻いていると
いうわけじゃなかったwww

シーク教徒はインド人口11億人
のうち2%という少数派。

インドといえばターバン・・・
と思い込んでました。
お恥ずかしい話ですが(笑)

このイメージは
どうしてなんだろう?

シーク教はインドの富裕層が多い
らしく、海外進出やメディアに
でてくることが多かったみたい。

私たちの目に映る
インドのイメージはターバン。

ターバンて変な形しているし
インパクトが強かったから
なんて言われてるようですが。

インド人男性は毎日、朝起きたら
さー、でかけるそー、
仕事いくぞーとか言いながら
頭に布をぐるぐる巻きつけて
るんですよねww

想像してしまった(笑)


女性の民族衣装サリーはなんとこんな特徴が!

インド 女性 (3)

サリーは長い1枚の布。
この布はすべて縫い目がない!

布地屋さんで売ってる布を
好きな長さに切ってもらってるの
かと思っていました。
そうじゃないらしい!!

そうなんです。

サリーは1着ずつ生地が違う。
ぜいたくな民族衣装だったの。

そしてサリーは世界で一番古く
からある民族衣装で歴史は
なんと500年以上。へぇ~
おどろいた!!! 

ヒンドゥー教の教えを伝える
誇り高き民族衣装だった!

まとめ

インドの民族衣装は古くから
伝わるものが多い。

男性のターバンはシーク教、
女性のサリーはヒンドゥー教など。

宗教の歴史にもつながる神秘的な
民族衣装がたくさんある。

サリーは1着ずつ布を織っている
ので布に切り目がない!1枚ずつ
個性的でぜいたくな民族衣装。

インド旅行では、民族衣装が
きれい!というだけでなくそれに
まつわる歴史にも感じてみては
いかがでしょう。

インド旅行情報【民族衣装】まとめ

 

   
スポンサーリンク 
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ